バレエの起源

バレエの起源

バレエの起源 バレエの起源はヨーロッパの宮廷舞踏であるといわれています。
ルネッサンス期のイタリアでは、美術や音楽などさまざまな文化が発展しましたが、バレエの起源もこの辺りにあると考えられます。
その後、ヨーロッパ諸国で宮廷舞踏として発展しましたが、17世紀フランスのルイ14世は特に踊るのが好だったことで有名で自ら舞踏家として踊り、その発展に貢献したとされています。
パリ国立オペラ座の前身が設立されたのもこの時代です。
その後、オペラ座を中心に職業ダンサーによるダンスとして発展していきました。
フランス革命後にはロマン主義の流れをくむロマンティックバレエが誕生します。
このころ、つま先立ちで立つポワントの技法が登場し、ストーリー性のある舞踏として現代に近い形になっていきます。
その後一時オペラ座は衰退しますが、一方でロシアのマリインスキー劇場がチャイコフスキー作曲で「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「白鳥の湖」を上演し、いわゆるクラシックバレエが完成しました。

バレエを始める前の心得

バレエを始める前の心得 日本ではバレエをテーマにした漫画が多く、その影響があるのと、姿勢やプロポーションが良くなるメリットがあることから、女の子の習い事として人気があるようです。
今回は、バレエを始めるにあたりの心得について説明したいと思います。
まずは体の柔軟性を養うことです。
特に大人になってから始める場合は、筋肉や関節が固くなっていますので、常日頃からストレッチなどのエクササイズをし、身体を柔らかくしておくとよいです。
2つ目は、テクニックを覚えることより、基礎を丁寧にマスターして実演することを心がけることです。
プロになっても毎日基礎を欠かさず練習するダンサーがいるほど、例えば立ち姿勢などの基礎は大事です。
3つ目にバレエをする目的を持つことです。
幼少から始める場合であればコンクールに出ることやプロになることを目指してもいいかと思いますし、大人の場合でも健康維持や減量のためでもいいと思います。
それが続けるモチベーションになります。
これらの心得を大切に、是非ともバレエの素晴らしさに触れてみてはいかがでしょうか。

新着情報

◎2017/7/26

何歳ごろまでやる人が多い?
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

バレエの起源
の情報を更新しました。

◎2017/3/8

バレエの歴史
の情報を更新しました。

「バレエ 姿勢」
に関連するツイート
Twitter

RT @complex_face: 究極の美矯正バレエコンディショニング ・体幹やインナーマッスルが強化され、正しい姿勢が身につく ・基礎代謝UPで日常動作でもカロリー消費が高くなる ・横隔膜や内臓が引き上がり突き出し腹の改善、腸の形も整い便秘解消 立位の時間を利用し、バレ…

返信先:@O917yh他1人 @おたくへ ひなのはバレエやってたから細いし姿勢いいけど色んな人のこと晒すから気をつけた方がいいよ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

Twitterもえかてゃ👶🏻💖@_u_u_nemui_

返信 リツイート1 0:07

エテリのところほど空中姿勢とか陸での軸出しに力入れてるチームを知らない バレエスタジオで先生3人が見てる中でみんな陸ジャンプやってるの壮観 「少なくとも2回半は回りなさい」とか「また左足が鈍い」とか言われながらやってんの。

Twitterたのるっつ@量産型🍈@D3Lutz3Toe

返信 リツイート1 昨日 20:32

RT @complex_face: 究極の美矯正バレエコンディショニング ・体幹やインナーマッスルが強化され、正しい姿勢が身につく ・基礎代謝UPで日常動作でもカロリー消費が高くなる ・横隔膜や内臓が引き上がり突き出し腹の改善、腸の形も整い便秘解消 立位の時間を利用し、バレ…

ガニ股で姿勢がいい人を見ると無意識に「バレエ習ってるのかな」とか思ってしまう。

返信先:@sasaminJD ジムに行かなくても毎日起きている間、姿勢に気をつけて背筋を伸ばそうと意識しているだけでも腹筋背筋がつきますよ。椅子に寄りかからずにまっすぐ自力で座るのです。最初はものすごく疲れますが2年ほどすると寄りかかっているのが変に感じられるかも。バレエの生徒たちによく言うことなんです。

RT @complex_face: 究極の美矯正バレエコンディショニング ・体幹やインナーマッスルが強化され、正しい姿勢が身につく ・基礎代謝UPで日常動作でもカロリー消費が高くなる ・横隔膜や内臓が引き上がり突き出し腹の改善、腸の形も整い便秘解消 立位の時間を利用し、バレ…

RT @complex_face: 究極の美矯正バレエコンディショニング ・体幹やインナーマッスルが強化され、正しい姿勢が身につく ・基礎代謝UPで日常動作でもカロリー消費が高くなる ・横隔膜や内臓が引き上がり突き出し腹の改善、腸の形も整い便秘解消 立位の時間を利用し、バレ…

このクラスではインナーマッスル一つずつにスポットを当て、じっくりと正しく使う感覚を身につけていきます。体幹の筋肉を鍛える事で、バレエやダンスの上達はもちろん姿勢の改善により腰痛・膝痛や肩凝り解消、また筋肉量を増やす事で新陳代謝が活発になり、ダイエットにも非常に効果的です。続く→

◇Instructor◇大川 すみれ こんにちは! fix TONEを担当する元Kバレエカンパニーの大川すみれです。 美しい姿勢を保ったり、クラシックバレエを踊るときには欠かせない"体幹"。一言で体幹といっても、具体的にどこをどの様に使えば良いかわからない…という方、とても多いと思います。続く→ #代官山 pic.twitter.com/Cgm0SJxmER