バレエのバレエコンクールとは

バレエの歴史

バレエの歴史 バレエを歴史的にみると、ルネサンスのイタリアに発生した舞踊を中心とした総合的な舞台芸術ということになります。
歴史の中で最初に頂点を迎えたのは、イタリアから嫁いできたカトリーヌ・ド・メディシスの命によって、1581年にフランスの宮廷で上演された「王妃のバレエ・コミック」とされています。
その後、ルイ14世の時代になるとますます盛んになって、1669年にはルイ14世によって王立音楽舞踊アカデミーが設立され、職業舞踊家育成の基礎が固まりました。
18世紀の後半になると、ノベールの舞踊改革により舞台芸術としての純度が高められました。
19世紀のロマンティックの時代を迎えると、オペラ座を中心としたフランスのバレエは全盛を誇りました。
その後、中心がフランスからロシアに移ると、19世紀後半には「眠れる森の美女」をはじめとする典型的なクラシックの傑作が次々と生まれました。
20世紀にはモダンが盛んになり、1930年代にはイギリスやアメリカにもバレエ団創設の機運が高まり、世界中に波及していきました。

バレエの注意点

バレエの注意点 近年では、ダイエットや姿勢を良くするためなどの目的でバレエを始める人が増えてきています。
バレエは柔軟性を高めたり、体幹を鍛えるのに最適な運動といえます。
そのため余分な脂肪が落ちて筋肉が鍛えられることでスタイルなどが良くなっていきます。
健康や美容に効果的な運動ではありますが、始めるにあたっては注意点がいくつかあります。
バレエの動きは優雅で見ている分には簡単に行っているように見えますが、自分で実際にやるとなると大きな負担になってしまいます。
体重の重さや体の硬さなどの注意点があります。
体重が重い場合にはゆっくりと徐々に痩せていくことができるため、きちんとレッスンを受けることが大切です。
体が硬いという場合には、レッスンがなくてもストレッチなどを行うことが必要です。
体が硬い人ほどストレッチの他にマッサージなどを行いケアしていくことも長く続けていくためには重要なことになります。
運動として効果的なバレエですが、きちんと続けることで効果が発揮されます。

新着情報

◎2017/7/26

何歳ごろまでやる人が多い?
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

バレエの起源
の情報を更新しました。

◎2017/3/8

バレエの歴史
の情報を更新しました。

「バレエ 歴史」
に関連するツイート
Twitter